防水性の高いナプキンは蒸れやすいです|かぶれは早めの対処が肝心

レディー

かぶれの様々な要因

ボディ

生理中には多くのトラブルが発生します。体がだるくなったり、頭痛が重くなったり、体調も不安定になったり、肌トラブルを引き起こしたりします。また、デリケートゾーンの痒みやかぶれに悩む女性も多いでしょう。軽い症状の場合は生理後に自然と治りますが、酷くなると生理後にもかぶれが治まらないこともあります。かぶれを放置するとデリケートゾーンだけではなく、おしりにまで広がり、痒みから傷つけてしまうと痛みが酷くなったり、細菌が入ってしまったりします。そうなってしまう前に、早めの対処や事前の予防が必要です。かぶれには様々な原因がありますが、一番の原因は経血や汗による蒸れです。一般的な紙ナプキンは、防水性を高めるためにビニール素材が使用されることもあり、通気性はよくありません。中には敏感肌用に素材のかぶれにくいものや、通気性が高いものもありますが、それでも蒸れることがあります。蒸れることによって雑菌も発生し、かぶれに繋がるのです。また、ナプキンや下着による摩擦でも起こります。紙ナプキンに使用される素材には皮膚と擦れることで炎症を引き起こすこともあります。特に、生理期間中は普段よりも肌が敏感になりやすいので、歩くときや運動によっての刺激でもダメージを受けます。生理期間中はナプキンのズレを防ぐために密着性の高い下着を着ますが、下着の締め付けや素材によっても刺激を受け、かぶれてしまいます。敏感肌の人はナプキンや下着の素材にも気を使いましょう。

事前の予防が大切

お尻

生理でかぶれてしまう前に、しっかりと対策し、予防しましょう。ナプキンをこまめに取り替えることで蒸れや雑菌の繁殖を防ぎます。また、夜用のナプキンは必要最低限の使用に抑え、ナプキンや下着の種類も見直しましょう。

Read

かぶれにくい生理用品

女性

生理期間中のかぶれを軽減するために、敏感肌用のナプキンが販売されています。普通のナプキンとは違い、綿素材でできているのでトラブルが軽減されます。それでも治らないという人は、タンポンや布ナプキンを試してみましょう。

Read

薬で改善する

膝を抱える人

デリケートゾーンのかぶれはナプキンや下着を見直すことによって改善することもありますが、長引くようであれば薬による治療を試しましょう。市販薬や婦人科での処方により手に入ります。自分に適したものを使用しましょう。

Read